添付文書の向こう側・・・。

〇令和2年になって、もうすぐ一ケ月が過ぎようとしています。

しかし雪が降らないですよね。過ごしやすいのはいいのですが、

各地の雪祭りが開催できなく、関係者の方々は頭を悩ませているようですね・・・。

 

〇さて、私は久々に東京に行ってきました。

と言っても遊びや観光ではなく、セミナー参加のためですが( ´△`)

華やかな首都の空気に久しぶりに触れました、

春になったら観光だけで来たいです・・・。

 

〇話はそれましたが、今回は東京大学医学部付属病院薬剤部の

大野能之先生の講義を聞いてきました。

IMG_0662

 

 

 

『薬物相互作用リテラシーを高めよう』という講演でした。

PISCS(ピスクス):Pharmacokinetic Interaction Significance Classification System

という考え方を学びました。

ざっくり言うと、薬の飲み合わせが実際どのくらいAUCに影響するのかを計算で予測する、

薬物相互作用マネジメントです。(かなりざっくりな説明です)

 

現在日本で使用されている薬は約3000成分あり、そのうちの1000成分程は

CYPによる代謝を受けていると推定されていて、CYPを阻害あるいは誘導する薬は

100成分程あると推定されているようです。それらの組み合わせを考えると、

10万通りにもなるようです。

 

これらの組み合わせを全て記憶したり、添付文書上に記載することは不可能です。

しかしながら、添付文書上で注意喚起できていない組み合わせが存在したり、

注意喚起されていたとしても、『併用禁忌』相当の組み合わせが、

『併用注意』とされていることもあります。

 

なので添付文書だけを用いて、リスクの高い組み合わせを回避するのには限界があります。

PISCSを用いて、もう一歩踏み込んだ薬物相互マネジメントを、

これからの薬剤師は行っていく必要があると感じました。

(添付文書を確認するだけであれば、薬剤師以外でもできますよね・・・。)

 

〇私が好きな漫画に『特攻の拓(ぶっこみのたく)』という作品があります。

その作品中に『スピードの向こう側』というキーワードがでてくるのですが、

我々薬剤師は『スピードの向こう側』ならぬ『添付文書の向こう側』を

目指す必要があるのではないかと思いました(??)

※OVER40の方々にしかわからないネタですみません m(_ _)m

 

〇大野先生の著書を購入しました。より深く学んでいきたいと思います。

IMG_0665

 

 

 

 

 

(おまけ)

研修場所の近くに、穴子料理の名店 『玉ゐ』さんがあったので行ってきました。

IMG_0555

 

 

 

写真は室町店限定の『参のせ』 煮上げ・焼き上げ・蒲焼で仕上げた三種盛りです。

美味しかったです (●^ー^●)

 

 

文責:会いに行ける薬剤師(心の住民票は東京にあります)

2020年1月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 古正寺薬局職員

新米パパ、赤ちゃんと猫の関係を考える!

赤ちゃんと猫1

明けましておめでとう御座います!

新年のご挨拶が遅れてしまいましたが、
今後とも西長岡調剤薬局千秋店をよろしくお願いします!

さて、久しぶりの更新となりました「新米パパ」シリーズです。
気がつけば、前回の更新から半年が経過していました(汗)。

生後半年を過ぎると予防接種のスパンも長くなり、

寝返り打った!
ハイハイができるようになった!
立った!
立ち歩きした!
階段の昇り降りができるようになった!

といった成長が感じられるイベントはもちろんありましたが、
ありがたいことに体調を崩すこともあまりなく、
薬剤師的に特筆すべき話題はあんまりなくて。。。

何を書こうかネタに悩んでいるときに、
ウチでは赤ちゃんと猫が同居しているんですが
すごいねぇと知り合いから感心されることがありました。

そこで、今回は赤ちゃんとペットの関係について考えてみたいと思います。

確かに言われてみると、
ペットがいる環境下での育児について、
「赤ちゃんが動物アレルギーになるかも」
「ペットが赤ちゃんに危害を加えるかも」
と不安に感じている方も少なからずいるのではと考えます。

職員Y宅では今年6歳になる雌猫を飼っています。
私も奥さんも猫が好きで、
赤ちゃんが生まれる前(妊娠中)も生まれた後も
ずっと一緒に同居していますが、
特に大きなトラブルもなく育児できています。

赤ちゃんと猫、というと真っ先に
トキソプラズマ感染症のリスクが挙げられます。

感染経路は経口感染が主で、まれに経気道、経皮感染です。
感染源として猫が槍玉に挙げられがちですが、
豚肉の加熱が不十分だったり
ハエ、ネズミを媒介した感染経路
もあり得ます。

猫のウンチを毎日掃除する、
猫は完全室内飼いにする、
猫のご飯は生食は避ける

などの予防策を取ることで
猫から感染することはまずありません。

猫アレルギーにならないようにするにはアレルゲンである
猫の唾液とフケになるべく触れないようにすること。
ですが、猫と同居している以上
完全にシャットアウトすることは不可能です。

動物アレルギーより、ハウスダストアレルギーの方が心配なので
こまめな掃除を気をつけたいですね。

幸いなことに、うちの子はくしゃみも咳も皮膚症状も出ていませんが、
「動物アレルギーになったらなったで仕方ないかなぁ」と
重く受け止めず、今後の動向を見守りたいと思います。

赤ちゃんと猫2

あとは猫が赤ちゃんに危害を加えないか、ですが
寝返りができるようになる前後で対応が変わってくると考えます。

外敵から予測外の攻撃を受けない限り、猫は滅多に引っ掻いたりしません。
赤ちゃんが寝ているだけの生後半年間くらいは特にトラブルもなく、
強いて言うなら寝ている赤ちゃんに気づかずに猫が踏んだくらいです。

赤ちゃんが大きくなって動くようになると猫を追っかけ回します。
追い詰められた猫が手をあげてしまうかもしれません。
ウチはこまめに爪を切って、猫の方も加減して猫パンチするくらいなので
大事には至ってませんが、そこは要注意ですね(画像参照)。

以上のことから、飼っている猫の性格と性質を踏まえて
うまく付き合えば同居は全く問題ないと考えます。

動物と幼少期を過ごすことは情操教育上、とても有効と考えます。

「マンマ」よりも早く、うちの子が最初にしゃべった言葉は
「ニャーニャ」でした。

猫と一緒に我が子の成長が楽しみな毎日です。

(そろそろ「パーパ」と呼んでほしい職員Y)

火の国へ・・・。

〇秋から初冬へと変わってきた今日この頃、

寒さは辛いですが、ニット製品やコートなどの

重衣料が好きな私にとっては、心躍る季節でもあります。

 

〇さて、私は11/15~/17に開催された『第13回日本腎臓病薬物療法学会学術集会』に参加してきました。

jin

 

 

 

 

〇開催地が熊本なので、参加しようかどうか迷いましたが、こんな素敵な講義が用意されているというのならば、行かない訳にはいきません。

IMG_0651

 

 

 

 

 

『朝まで平田塾』 当然主催者はあの平田純生先生。説明不要の有名な方です。

〇5年前くらいに近くの総合病院から、透析患者の処方も院外に出すと通知があり、少しあせりましたが、平田先生著書を読んだおかげで、見慣れない処方にも対応することができました。他にも多数著書がある方なので、一度講義を受けてみたい気持ちをずっと持っていました。

IMG_0650

 

 

 

 

 

〇『朝まで平田塾は』17:00~21:30と長丁場でしたが、とても充実した内容だったので、次回があっという間に過ぎてしまいました。

平田先生の講義はとにかく熱量がすごい! 自分の勉強不足を認識しましたし、我々薬剤師はもっと頑張っていかなければいけないと痛感させられました。

※講義の合い間のミニコンサート。もじゃもじゃ頭のあの人が作曲した、あの曲で会場は盛り上がりましたよ。

IMG_0500

 

 

 

 

 

 

〇最終日のWSにも参加しました。

B班だった方、とても楽しく学ぶことができました、ありがとうございましたヽ(=´▽`=)ノ 私以外は全て病院薬剤師の方でした(青森から来ていた方もいて驚き!)

WSで症例検討していて感じたのですが、多くの病院薬剤師にとっては、腎機能の評価をもとに処方監査をするのはあたりまえのことなんですね。『処方せんに患者の腎機能データが記載されると、仕事や責任が増えるので嫌。』とか言う薬剤師がいますが(私も以前はそう思っていました)それではダメなんですよね・・・。

 

〇とても充実した三日間でした。美味しい物も当然喰らってきましたよ (o^-^o) ウフッ

IMG_0527IMG_0531IMG_0526

 

 

 

 

〇最後に、熊本城の1日でも早い復旧を祈って、終わりにしたいと思います。

IMG_0509

 

 

 

 

 

 

 

 

文責:会いに行ける薬剤師(コウネ美味かった・・・!)

 

 

2019年11月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 古正寺薬局職員

腎とスープカレー

〇涼しくなってきましたね。夜間は寒いくらいです。

気温の高い日もありますが、季節は確実に秋に向かってます。

秋は食べ物がおいしいく、いつの間にか太ってまうので

毎年気を付けています・・・。

〇さて、私は9/15に新潟市で開催された

「トキめき新潟腎と薬剤研究セミナー サマーキャンプ」

に参加してきました。

IMG_0484

 

 

 

 

 

〇腎臓薬物療法のプロの方々が主催するワークショップ

だったのですが、ビギナーの私でも大変解り易く、

ためになりました。

また、他施設の方々と議論をかわしたり、協力して課題の

解答を導いたりと、とても有意義な時間でした。

※5グループの方々、楽しく学ぶことができました!

ありがとうございました(*´∇`*)

 

〇まだ少ないですが、処方せんに腎機能データを記載する

医療機関も出てきてます。

〇薬剤の量を、患者さんの体重を基に評価するのと同様に、

処方内容を腎機能データを基に評価することが、

普通になる日が来るかもしれません。

「腎と薬物」に関してはこれからも勉強していきたいと考えてます。

 

〇ワークショップが終わった後、スープカレーを食べて

帰りました。美味しかったです! 駅南のあの店です・・・。

IMG_0485

 

 

 

 

 

 

文責:会いに行ける薬剤師(3食カレーOK!)

 

 

2019年9月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 古正寺薬局職員

トップアスリートが語るアンチドーピング

みなさんこんにちは!

今年の世界水泳(B’zのウルトラソウル♪のやつですよ)が7月から韓国で行われるその前に、オーストラリア代表の事前キャンプ地が長岡のフェニックスプールに決まったことってご存じでしたか?

来年の東京オリンピックに向けて盛り上がってきましたね!

そんなことで、今年の長岡市薬剤師会の市民公開講座は、「アンチドーピング」をテーマに開催します。

6月23日の日曜日、13時より、会場はさいわいプラザ6階 大会議室です。

演者に、競泳男子100mバタフライ日本記録保持者、柏崎市出身の河本耕平さんをお迎えしての特別講演のほか、薬剤師から一般の方にもわかりやすくドーピングについて解説します。

参加無料、事前申し込みは不要ですが先着100名様となっております。

ぜひ、お越しください!お待ちしております。

D24A20C0-567E-4AA1-BAE4-EE3663B5DA60

 

 

 

 

 

 

 

 

(カラオケでウルトラソウルは原曲キーで歌ってこその職員Z)

 

次は薬剤師・・・?

〇新年度に入りました。桜も見ごろに近づいてきましたね。

この時期は、TVの番組改編期でもあります。

驚くことに、放射線技師さんが主人公のドラマが

始まったようです。しかも月9!!!

 

〇同じコメディカルとして、先を越されてしまいました・・・。

始まったドラマは、漫画原作のようです。

今は、ある程度人気・知名度のある漫画をドラマ化する

パターンが多いですよね。

 

〇我々薬剤師が主人公の漫画もあるんです(*´∇`*)

IMG_0589

 

 

 

 

 

 

 

「アンサングシンデレラ」です。

主人公の女の子は、病院に勤務する薬剤師です。

 

〇薬剤師の仕事(病院の話ですが・・・。)を漫画を通して、

世間の方々に知っていただきたく、待合室に置いてみましたよ。

IMG_0588

 

 

 

 

 

 

 

後ろの渡辺篤史さんの笑顔が素敵です。

「いい漫画置いたね~。嬉しいね~。ありがたいね~。」

と、建もの探訪でおなじみのコメントが聞こえてきそうです。

 

〇是非ドラマ化していただきたいです。

ドラマ化をすれば、国民の皆様により深く薬剤師の職能を

理解していただくことに、つながると思います。

主人公は、若手実力派の松岡茉優さんにやって欲しいです。

※個人の見解です。

 

〇最後に、渡辺篤史さんに自宅を探訪して欲しい方は、

アイランドキッチン、薪ストーブ、ペンダントライト

設置を忘れずに!できたらル・コルビジェのソファーも・・・。

では、また(^ー^)ノ

 

文責:会いにゆける薬剤師

2019年4月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 古正寺薬局職員

辛辛魚と薬の豆知識

〇今年は予報通り暖冬になりましたね。
新潟らしくない2月の気候に、やや拍子抜けした感もあります。

それでもまだ春とは言えない、やや肌寒い日もあるので、
体が温まる食品を買い求めてしまいます。

体を温めると言えば、やはり唐辛子たっぷりの激辛食品
今回は話題のカップラーメン「辛辛魚」を食べてみました・・・。

辛辛魚(からからうお)は、東京石神井の人気店『麺処井の庄』さん監修の激辛カップラーメンです。

近くのコンビニに売ってなくて、一時カラウオ難民状態でしたが、近所のウ〇ルシアで大量に販売していました。

からうお発見

 

 

 

 

購入後、早速食べてみました( ^ω^ )

からうお

 

 

 

 

 

 

『か、辛い~(ノД`)・゜・(というか、少し痛い?)』

しかし辛さの中にも旨さがあり、豚骨×魚介×激辛の

バランスが素晴らしい・・・。

 

〇突然ですが、辛さの元になっている唐辛子の成分が、

病院で処方されるお薬の中にも入ってのはご存知でしょうか?

 

実は温シップの中に「トウガラシエキス」が入っていたりします。

これが、皮膚に温感を与えているんですね。

MS温

 

 

 

 

また、皆様ご存知の、抗インフルエンザ薬タミフルの原材料は、

中華料理にかかせない香辛料「八角」だったりします。

タミフル

 

 

 

薬剤は化学合成だけではなく、天然由来の成分も利用して

作られていることもあります。

 

カップラーメンの食レポから、かなり飛躍しましたが、

大目にみて下さい(-人-)

 

〇最後に忠告を。激辛初心者の方は、辛辛魚を食べる際には、

後入れ粉末スープ」は少しづつ入れるようにして下さい!

口の中が大変なことになりますよ・・・。

 

(文責:会いに行ける薬剤師)

 

 

2019年2月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 古正寺薬局職員

軟膏やクリームはどのように塗ればいいの?

こんにちは、西長岡調剤薬局です。

乾燥する時期、紫外線の強い時期、季節の変わり目の時などは、いつもと肌環境が変わり、乾燥や炎症が起きやすくなります。

そんな時、病院・薬局でお薬をもらったり、ドラッグストアでお薬を購入すると思います。
なかなか塗り方まで教えてもらうことができず、勘違いされている方も多いので、今日は外用剤(軟膏やクリームなどのこと)の塗り方をお伝えします。

そもそも軟膏とクリームの違いは、一般的にはクリームにはが含まれていて、ときれいに混ざっていることです。軟膏にはは含まれていません。

クリームにはが含まれているため、伸びがよくべたつきが少ないため、使用感も良く、吸収されやすくなっています。ただし、汗などで流れやすくなっていたり、が多いため刺激があったりします。軟膏は、が多いためべたつきはありますが、保湿力が高く、クリームよりも刺激はすくなくなっています。(軟膏と書いてあっても、クリームである場合もあるようです)

そのため患部の状態、部位によって、軟膏やクリーム、または液体を使い分ける事があります。(液体は、クリームよりもが多く含まれています)

話を塗り方に戻しますが、塗り薬には「塗布」と「塗擦」とあります。多くの場合は擦りこまず、「塗布」します。これに対し、スキンケアに対する保湿剤や、筋肉痛に使用する消炎鎮痛剤では擦りもむように塗ります。ただし、強く擦りこむと皮膚にダメージを与えてしまうので、やさしく繰り返し擦りこむようにしてください。
患部の状態によって塗り方が変わる場合もあるので、もらった薬が「塗布」なのか「塗擦」なのかは、薬をもらうときに薬剤師に確認してください。

文責:西長岡O2

参考文献:日本皮膚科学会 皮膚科Q&Aを参考に改変

西長岡調剤薬局はレシピが豊富です♬

image1

こんにちは、西長岡調剤薬局です。

今日は西長岡調剤薬局で無料配布しているレシピ集についてご紹介します!

「高血圧で減塩と言われたけどどうすれば良いの?」
「たんぱく質って何をどれくらいにすれば良いの?」
「貧血と言われたけど、鉄分って何に多く含まれているの?」
「肝機能が悪いけど、気をつけることはあるの?」

など、日々患者様から様々な相談を受けます。

医師や栄養士、薬剤師から指導を受けても、実際のところ何を作れば良いか。どれくらい作れば良いか分かりにくいですよね?

そんな時に役立てて欲しいのが、無料で配布しているレシピ集です。
内容を見ていただければ分かりますが、種類も豊富で美味しそうなレシピがたくさんあります。
日頃のメニューの参考にしていただければと思います。

また、体調が悪く食事が作れない時のために、宅配通販カタログも用意しております。
これまたとても美味しそうなメニューばかりなので、ご来局された際には是非お持ち帰りください。

制限があるにしても、食事は楽しくするのが一番だと思っています!
一緒に取り組んでいきましょう‼︎

文責:西長岡O2

「自分らしく生きたい、自分らしく逝きたい」

こんにちは、西長岡調剤薬局です。

先日、長岡市医師会・長岡市薬剤師会が共催していた学術講演会に参加してきました。
新潟県立がんセンター新潟病院 主要循環器科 部長 大倉裕二先生
長岡赤十字病院の緩和ケアチーム・血液内科 副部長 佐藤直子先生
のご講演でした。

国立がん研究センターの統計によると、2016年に新たに診断されたがんは全国で995,132人。
2017年にがんで死亡した人は全国で373,334人との事です。

現在日本人は、一生のうちに2人に1人は、何らかのがんにかかると言われています。
それくらい、がんは身近な病気になっているのです。

がん細胞は体の中で常に作られており、様々な免疫機能によって増殖を防いでいます。
しかし、何らかのタイミングでそのバランスが崩れた時、がん細胞は増殖していきます。

その為、本人だけでなく、家族や友人、同僚など誰にでも可能性があります。

今回の講演は、
「自分らしく生きるために、自分らしく逝くために」
患者様がどう行動をとったのか、家族は、医療従事者は、
実際の話を聞かせていただきました。

現実に自分や周りの人ががんになったら?

想像して考えるのは難しいかもしれませんが、
講演を聞く中で、答えは一つでは無いんだという事を改めて感じました。
“そのとき”に直面した際の一人一人の「自分らしく」は違い、医療従事者はそれを全力でサポートする。
それこそが目指すべき医療の形なのだと思いました。

我々は、患者様、家族に沢山の選択肢を提示できるよう、努力し続けようと思います。

加えて、我々はがんや様々な疾患を予防するために、禁煙や食生活の見直し、運動不足の解消など、健康でいられるための情報を発信、啓蒙していく必要があるのだと強く感じました。

これからも微力ながら様々な情報を発信していこうと思います。

文責:西長岡O2