スポーツファーマシストが在籍しています。

みなさんこんにちは!

春は別れの季節ですね。「おかあさんといっしょ」の体操のお兄さんとパントのお姉さんがそろって卒業ということで大変悲しいですが、別れもあれば新しい出会いもあるということで、張り切っていきたいと思います。

さて、みなさんはスポーツファーマシストをご存知でしょうか?

過去にこのブログでもご紹介しましたが、スポーツ選手のうっかりドーピングを防ぐための、相談相手、相談窓口といったところでしょうか。たとえ選手が故意でないとしても、禁止物質を摂取してしまうとドーピング違反とみなされ、出場停止など厳しい処分を受けることになります。一生懸命練習してきたことが無駄にならないように。大会で最高のパフォーマンスが発揮できるように。陰ながらそのお手伝いをするのも薬剤師の大事な役割の一つです。ご相談いただいても全ての薬剤師が十分な対応ができるとは限りません。アンチドーピングの専門の教育を受けた薬剤師が試験を受けて「スポーツファーマシスト」に認定されます。弊社には3名おりまして、1人は西長岡調剤薬局に、1人は西長岡調剤薬局千秋店に、もう1人は古正寺薬局に在籍しております。相談はもちろん無料です。ぜひお気軽にご相談していただきたく、お待ちしております。ご相談の際は「スポーツファーマシスト」をご指名ください。えちごメディカルは頑張るスポーツマンを応援します!

毎年1月1日に、ドーピング禁止物質の国際基準が更新されます。常に最新の知識が要求されます。店頭や入り口付近スポーツファーマシスト2019には、こんなステッカーが貼られています。みなさんお気づきになりましたか?

(獣神サンダーライガー選手引退もとてもショックな、職員Z)

 

第0回 より良い睡眠について……Zzz…

こんにちは、西長岡調剤薬局です。

今日は、厚労省が作成した『健康づくりのための睡眠指針2014』のポイントをまとめてみたいと思います。

昨今、『睡眠負債』という言葉が流行っていますが、テレビや雑誌などでも数多く『睡眠』について取り上げられています。

現在、日本では五人に一人は睡眠の問題を抱えていると言われています。
電気のお陰で一日中明るく、お店や会社も24時間体制で行われている所も多く、様々なストレスを感じながら日々過ごしています。
様々なストレスにより心身のバランスが崩れれば、睡眠にも影響が出てくるのは当然なのではないかと思います。

厚労省が作成した『健康づくりのための睡眠指針2014』では、12のポイントが上げられています。
一度にご紹介するには内容が多すぎるので、今回を除き4回に分けてお伝えいたします。

概要としては以下の通りです。
『健康づくりのための睡眠指針2014』をネットで検索しても読むことができます。

1)良い睡眠で、からだもこころも健康に。
2)適度な運動、しっかり朝食、ねむりと目覚めのメリハリを。
3)良い睡眠は、生活習慣病の予防につながります。
4)睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
5)年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。
6)良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
7)若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
8)勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠。
9)熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
10)眠くなってから寝床に入り、起きる時間は遅らせない。
11)いつもと違う睡眠には、要注意
12)眠れない、その苦しみをかかえずに、専門科に相談を。

睡眠について考えていると、以前読んだ本の一文を思い出します。

『睡眠は一日の終わりではない。翌日の始まりなんです!!』

睡眠を一日の終わりと考えている人は多く、そのせいで忙しい一日を過ごし、睡眠を削って一日を調節しようとしてしまいます。
でも、睡眠を翌日の始まりと考えると、まず睡眠をしっかりとってから残りの一日をどう過ごすのかという考えに変わるのではないでしょうか。

食事や運動と同様に睡眠も大事です。
これから不定期ではありますが、睡眠について4回に分けてお伝えすることで、皆様の生活が少しでも快適になればと思います。

文責:西長岡O2

ハンドケア講習会報告

皆様こんにちは!

 

先日平成31年2月21日、リバーサイド千秋内の西長岡調剤薬局 千秋店

ユースキン製薬様のハンドクリーム製品を使用したハンドクリームの使い方、保湿の仕方

などをお伝えする、ハンドケア講習会を実施しました。当日はリバーサイド千秋の全館定休日

でしたが、我々は通常営業と健康イベントを行っておりました。

6CCB2F1C-1414-4180-982C-E6820CE96F53

ところで、ハンドクリームの適切量ってご存知ですか?

適切な量でケアしないとかえって手荒れが進行したり、

なかなか治らなかったり・・・

ユースキン製薬様のユースキン®️Aでは通常チューブより絞り出して

指先から第一関節まで。これで両手指、手のひら、甲をケアできます。

手荒れが激しい時は指先から第二関節までを目安に使用します。

あとはよくすり込む。手のひら、甲、指先のマッサージです。

ちなみにユースキン®️Aはひび、あかぎれ、しもやけに効果あり。

しっかりマッサージするとビタミンEの効果で指先までポカポカしてきました。

種々ハンドクリームで差がありますので一概には言えませんが、適切な量を使いましょう。

我々薬剤師も塗布薬の使い方を伝える時に、軟膏、クリーム剤の塗布量目安で

指先から第一関節までを 1FT (イチ フィンガーチップ ユニット)として使うことがあります。

ケチっても良くない、多すぎても良くない。

千秋店ではユースキン®️Aの試供品とハンドケアをまとめた冊子をお配りしています。

残りわずかですので、ぜひお立ち寄りください。

 

最後に講習会参加の方には大変ありがとうございました。

千秋店含め、えちごメディカルでは、沢山の無料健康イベントを計画中。

皆様の健康にぜひお役立てください。

(千秋店B)

お薬手帳と市販薬!!

こんにちは、西長岡調剤薬局です。

皆様、普段病院でお薬をもらっていて、風邪や突然の頭痛・腹痛などでドラッグストアに行くことはありませんか?

「病院に行っている暇が無い」
「風邪薬なら何でも良いかな」
「ドラッグストアの人に聞けば分かるよね」

など、困ったときに何でも取扱いのあるドラッグストアはとても助かりますよね。
確かにドラッグストアには知識豊富な従業員さんが沢山いて、頼りになるのは事実です!
でもそんな中、ドラッグストアの従業員さんが困っていることがあるようです。

「普段、血圧の薬を飲んでいるんだけど、この風邪薬大丈夫かしら?」
「病院でもおなかの薬をもらっているんだけど、調子悪いからこれ追加しても良い?」
「病院でもらっている薬が効かないんだけど、これに変えても良いか?」
「子ども(成人)が風邪を引いているんだけど、これ飲ませても大丈夫?何か普段病院でお薬もらっているみたい」

など、様々な質問を店頭で相談されるケースが多いようです。
普段、処方箋のお薬をもらっている薬局やドラッグストアであれば、お薬の履歴が分かるので答えられると思いますが、何も無い状況では返答に困ってしまいます。と言いますか、返答できないんです。

そもそも
何を飲んでいるのか分からない。
どういう病状なのか分からない。

例えば風邪薬を服用することで、治療中の症状が悪化してしまったり、おしっこが出なくなってしまったり、普段飲んでいるお薬の効果が変わってしまったり、様々な危険性が出てくる可能性があります。

目の前に困っている方がいて、助けたいのは山々なのですが、市販薬を販売することで問題が起こる可能性があるため、「受診されている病院か、お薬をもらっている薬局に聞いてみてください」としか答えられないんですよね。

そこで、この問題の解決策として考えられる事は
・普段、処方箋でお薬をもらっている薬局に行って相談する(電話相談でも良いと思います)
・薬局で処方箋のお薬をもらう時に、「風邪を引いたとき」「おなかが痛いとき」など、困ったとき何の市販薬なら服用できるのか聞いておく
・お薬手帳を持参して何を服用しているのか、ドラッグストア側に伝える(薬剤師がいる店舗が良いと思います。簡単な目安はロキソニンの旗です。薬剤師がいないと販売ができません。)
などがあります。

薬局は、処方箋のお薬をもらうだけの場所ではありません。
風邪薬や湿布、衛生材料、日用雑貨も種類は多くはありませんが販売しております。
ドラッグストアも処方箋を取り扱える店舗もありますし、薬剤師がいる店舗もあります。

普段生活する中で、頼れる薬局・頼れるドラッグストアを選んでいただき、ご利用していただきたいと思います。

最後は宣伝になってしまいますが、我々「えちごメディカル」も処方箋でのお薬だけでなく、様々な相談にお答えできる商品があります。是非、色々な状況で頼っていただければと思います。

よろしくお願いいたします!

文責:西長岡O2

アンチドーピング研修会2019

アンチドーピング研修会2019

みなさんこんにちは!今年は小雪で、例年より早めに花粉症の症状が出てきている方もいるようです。まだまだインフルエンザは流行しており引き続き十分ご注意くださいね。
さて、今年も去る1/19土曜日に、長岡市薬剤師会アンチドーピング研修会2019が開催され、弊社薬剤師も参加してきましたのでご報告いたします。みなさん、スポーツファーマシストをご存知ですか?公認スポーツファーマシストとは、最新のアンチ・ドーピング規則に関する知識を有する薬剤師です。
薬剤師の資格を有した者が、(公財)日本アンチ・ドーピング機構が定める所定の課程(アンチ・ドーピングに関する内容)終了後に認定される資格制度です。選手がうっかりドーピング禁止物質を摂取しないようにお手伝いをしたり、選手の良き相談相手になることでもあります。
今年度のアンチドーピング研修会には、記憶に新しい2018世界マスターズ陸上男子4×100メートルリレーであの武井壮、朝原宜治らと日本代表チームを結成し金メダルをとった、長岡市出身の佐藤政志選手にお越しいただき、「夢は成長し続けるための原動力」のタイトルで特別講演をしていただきました。素晴らしいお話、動画もいっぱいで参加者みんなが目を輝かせて見入っていたのが印象的でした。こういった心を揺さぶる話を聞くのは大事、欲を言えば聞かなきゃいけない若い人がもっと聞きに来てほしかったな…。
特別講演の前には、弊社薬剤師が経験した、あやうくうっかりドーピングになりそうだった症例を報告しました。処方医が禁止薬だったことに気がつかず現役スポーツ選手に処方され、交付時に弊社薬剤師が気がついて処方機関に連絡し処方が変更になった症例です。専門機関の専門医ですら、こういったことは起こりうるので、薬剤師が介入することが大事であることを改めて感じました。
禁止物質でなくとも、治療以外の目的でお薬を使わせて行けないと思います。薬物乱用と同じですね。
選手の根本にあるのは「勝ちたいという意欲」。この根底に断固たるフェア精神を持たせること。
それもスポーツファーマシストの役割かもしれません。スポーツライフの根底に関われる資格、スポーツファーマシスト!なんて素敵な資格なんでしょう。まだまだ認知度の少ないのが現実。選手のみなさんにはぜひ知っていただき、薬剤師にどんどん相談してほしいです。

職員Z

タニタカフェDE健康講座でお話しました

20190129タニタカフェ

みなさんこんにちは~!インフルエンザが猛威を振るっています。十分お気をつけくださいね。

先日、長岡市健康課主催の、「カフェDE健康講座」に、薬剤師会として一般の方向けにお話をしてきましたのでご報告させていただきます。
薬事衛生指導員をご存知ですか?薬剤師がみなさんの集まりに出かけて、くすりのお話をする活動です。これも大事な地域社会への貢献。今回いただいたテーマは、骨粗しょう症について。整形外科専門でやっているわけではないので、最初は不安でしたが、前任者に資料を見てもらったりアドバイスをいただいて万全の準備をして当日を迎えました。
前日の天気予報は猛吹雪、誰も来ないんじゃないかと心配しましたが、天気はそんなに悪くならず、いつもより多めの23名の一般市民の方々にご参加いただきました。平均年齢は高めでしたがみんな関心のあるテーマなんだなあと感じました。みなさん顔を挙げて熱心に聞いてくださって、終わった後も残ってくれて質問してくださった方もいて感激でした。終了後は打ち上げ、ということでタニタカフェでおいしいコーヒーを飲んで帰りました。
来年度も予定されています。ぜひみなさんもお越しになりませんか?

無事に終わってホッとした職員Z

長岡市自殺対策計画策定委員会

新年明けましておめでとうございます。
今年もつたないブログにお付き合いください。
1年にわたって開催されてきた、長岡市自殺対策計画策定委員会が全5回、無事に終了いたしました。
新潟日報の朝刊に、その時の様子が載りました。
弊社薬剤師も第1回から参加し他業種のみなさんと一緒に、自分の住む地域の自殺者を少しでも減らそうといろいろ意見交換をし、計画が完成に近づいてきました。そういった場面に薬剤師がいたということが大事で、ただ作って終わりではなく、今後は計画の実効性が問われてきます。薬剤師として、というより、1人の人間として何ができるか?を考える良い機会になりました。
当社の薬剤師は患者さんに、お薬を作って渡したら終わりなのではなく、その後のフォローまで、患者さんのためにできることを考えて行動していきます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

職員Z129F1350-EBB8-4A9A-8853-20E631D194C3

今年もロコモイベントに出ました!

先日平成30年12月2日快晴の日曜日に、昨年に引き続き、

平成30年度長岡市多世代健康まちづくり事業で長岡市と

長岡市薬剤師会のコラボイベント

”ロコモを学んで心も体もハッピーライフ!骨々ためてキラキラ人生”inリバーサイド千秋

IMG_0637

に、えちごメディカルから5名参加してきました。

イベントでは昨年を上回るご来場誠にありがとうございました。

お子様ブースも登場し、楽しんでいただけました。

 

えっ!?ロコモって?何っ?? ・・・ 解説しよう!

ロコモティブシンドローム:運動器症候群のこと。 続きを読む