オーソライズドジェネリックってご存知ですか?

クレストールとそのAG画像1
(↑どちらがジェネリック医薬品か、わかりますか?)

 

衆議院選挙が終わりました。
ということで国政に関する話題をひとつ、提供したいと思います。

日本の財政難について、日々熱い議論が交わされていますね。
その財政難の理由として、我が国の医療費がかさんでいることが挙げられます。
昨今、年間の医療費はついに40兆円を突破し年々増加し続けています。

そんななか、当グループの薬局では国の医療費削減に貢献するため、
ジェネリック医薬品への変更を推奨しております。

ジェネリック医薬品は、もともと流通している医薬品(先発医薬品)の特許が切れて、
から売される安価な医薬品ということで後発医薬品とも呼ばれています。

国からの承認審査を合格し、効能効果も同一で開発費用が安く浮いた分、
患者さんに安価で提供できることが最大の利点です。

どれくらい安くなるかというと、お薬の種類によって様々ですが、
先発医薬品と比べておおよそ5~7割安くなります。

(なんでジェネリック医薬品に変えると国の医療費が削減できるの?)
と不思議に思われるでしょうが、順を追って説明したいと思います。

国民皆保険制度をとっているわが国では、
実質医療負担費用が1割~3割程度と比較的安価です。
仮に1錠100円の血圧を下げるお薬を飲んでいたら、
患者さんの実質負担金は10~30円となります。

しかし、負担しなくてよい7割~9割は国の医療費から捻出されています。
つまり、1錠につき70~90円を国が負担しているんです。

ジェネリック医薬品に変更すると、患者さんの負担以上に国の負担が軽くなるんですね。

というわけで、ジェネリック医薬品がある薬については、
患者さんに積極的に変更をご提案させていただいております。

しかし、過去にTV番組や雑誌 で「ジェネリックは粗悪品」などと報道され、
良い印象をお持ちでない方も多いのではないでしょうか。

そういった不安を解消するべく、最近の主流になりつつあるのが
オーソライズドジェネリック(略称:AG)なんです。

オーソライズドとは「許諾を受けた」という意味です。

先発医薬品を作っている製薬会社と提携をしているジェネリック製薬会社、
または先発医薬品を作っている製薬会社自身が製造・販売するジェネリック医薬品です。

先発医薬品と同じ工場・生産ラインで作られますので、
 有効成分だけでなく、原薬、添加物、製法も含め先発医薬品と全く同一である
という特徴があります。

ただ、先発医薬品とジェネリック医薬品との区別をつけるために薬品名が変わる点、
錠剤の刻印や包装のデザインが変わったりする点だけはご了承ください。

クレストールとそのAG画像2
(↑高脂血症薬のクレストールとそのAG。錠剤の刻印や包装の薬品名が異なっています)

簡単に言うと、お薬の名前は変わるけれども、今まで続けていたお薬と全く同じまま
お薬代だけ安くなっている薬がお薬がオーソライズドジェネリック、
と考えていただければ結構です。

クレストール錠(画像参照)のほかに、 オルメテックOD錠も
先月オーソライズドジェネリックが発売になりました。
当薬局に在庫がございますので、お気軽にお申し付けください。

ただ一点、ご注意いただきたいのですが、
オーソライズドジェネリックが発売されていない医薬品もございます。

その場合は、弊社のジェネリック医薬品選定委員会が採用した
信頼できる製薬会社のジェネリック医薬品をご提案させていただいております。
予めご了承くださいますようお願いいたします。

当ブログ記事をお読みになって
オーソライズドジェネリックについてもっと詳しく知りたい!という方は
第一三共エスファさんのホームページをご覧になってみてください。
ジェネリック医薬品、オーソライズドジェネリックについて
ご不明な点等ございましたら、お近くの薬局薬剤師までご相談ください。

長文失礼しました。ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

寒暖の差が激しく、体調を崩しやすい天気が続いています。
暖かい格好でお過ごしくださいね。

(文責:職員Y)

緩和ケア市民公開講座を開催します!

IMG_0014

こんにちは!秋はイベントが目白押しですね、みなさんはいかがおすごしですか?イベントのご紹介を一つ。

突然ですが、みなさんは「緩和ケア」ってご存知ですか?

来たる11月5日、日曜日の午後2時から、長岡市の大手通りに新しくできました、社会福祉センター「トモシア」にて、長岡市薬剤師会が毎年恒例の市民公開講座を開催します。弊社薬剤師も講師として参加します。今年のテーマは「緩和ケア」。みなさんは「緩和ケア」と聞いてどんなイメージをお持ちになるでしょうか。がんによる痛みは様々な原因で起こり、我慢してもよくなりません。「痛み」とは単なるからだの痛みだけでなく、今後への不安や心配事、辛い気持ちなどにも複雑に関係してきます。「痛みをなくす」ことは、とても重要です。今の緩和ケアは、あなたらしさを支えること。「あなたらしく生きるためにわたしたちができること」を薬局薬剤師、病院薬剤師と看護師の立場から、わかりやすく丁寧に解説してもらいます。

参加費は無料・事前予約不要でどなたでもお気軽に参加して頂くことができます。どうぞお誘いあわせの上、ぜひ会場にお越しください。

なお、会場には専用の駐車場がございませんので、近隣の駐車場をご利用ください。駐車料金は参加者各自のご負担となりますので予めご了承ください。

多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。

(職員Z)

すこやかともしびまつり

KIMG10252017年わくわく調剤体験 チラシKIMG1022
みなさんこんにちは!秋の夜長をいかがお過ごしですか。もう10月だなんて、早いですねえ、しみじみ…。朝晩だいぶ冷え込むようになってきました。風邪ひきさんも増えております。みなさんもどうぞご自愛くださいませ。
さて、先日アオーレ長岡を会場に行われた、「すこやかともしびまつり」に、長岡市薬剤師会ではブース出展し、「わくわく調剤体験」を行いました。当社の薬剤師も3名が参加、これは一般市民の方に白衣を着てもらって実際に分包機を触ってもらい、お菓子をお薬に見立てて調剤をして薬剤師になりきってもらう、いわばキッザニアのような体験で、今年は過去最高の400組を超える参加をいただきました。
こういった薬剤師体験は全国各地で行われており、賛否両論があるのも事実ですが、参加してくれたお子さんたちが目をキラキラ輝かせて調剤をし、それを見つめる親御さんたちにもまた笑顔があふれて、それを見たら準備のときの苦労も吹き飛んでしまって、我々も楽しんでいました。答えはそれがすべてなんじゃないかと思うのです。会場には一体感が生まれ素晴らしい空間でした。
実習生の二人にも見学をしてもらいました。二人ともとてもいい表情をしていました。先輩薬剤師たちの、地域社会への貢献の姿を間近で見て何かを感じてくれたのではないでしょうか。こういった活動で一般市民の方から薬剤師をもっと身近に感じてもらって、薬剤師の仕事をもっと知っていただくいいきっかけになるといいですね。今回参加してくれたちびっこの中に将来の薬剤師の卵がいたかもしれません。楽しみですね。
「あなたの」職員Z